【ポケモンGO】コミュニティデイのサーナイトとエルレイドは使える?

ポケモンGO 攻略

ラルトスは昨年のメタグロス以降で個人的には一番期待が高いコミュニティデイです!結論として、今回のイベントはサーナイトがドラゴンキラー、格闘キラーとしての優秀なアタッカーになりえる可能性が高いという意味で、ガチることをおすすめします。

そんな理由を紹介していきますね。

スポンサーリンク

ラルトスコミュニティデイをガチるべき理由

御三家を除く、ダンバル(進化先メタグロス、2018年10月)以降のコミュニティデイポケモンを振り返ってみます。コメットパンチを覚えたメタグロスははがねタイプの最強アタッカーになれましたね。

ウリムー(進化先マンムー、2019年2月)

マンムーへの進化が初実装し氷タイプのガチポケが追加された点はよかったですが、特別な技「げんしのちから」は微妙(コミュニティデイだからこそガチる理由としては微妙)。

タツベイ(進化先ボーマンダ、2019年4月)

2ゲージでドラゴン技を放てる「げきりん」を習得し、使い勝手が向上。ただしカイリューと役割が被るため、すでにカイリューを作っている人にとって優先度は下がった。

ナマケロ(進化先ケッキング、2019年6月)

「のりかかり」を覚えるもアタッカーとしては微妙。ジム防衛でなら性能向上。

そこで、今回のサーナイトとエルレイドがガチアタッカーになれるかどうかを考察してみます。

サーナイトはフェアリータイプとして、エルレイドは格闘タイプとして優秀。

サーナイトはエスパー、フェアリータイプのポケモン。エルレイドはエスパー、かくとうタイプのポケモンです。

攻撃種族値はともに237とまずまずの数値。この数値、フェアリータイプであれば現環境最強です。格闘タイプとしても3番目に高い(上にはキノガッサ241、バシャーモ240といますが肉薄)です。カイリキーの攻撃種族値234より高いと言えばイメージしやすいでしょう。

しかしエスパータイプとしては微妙

しかしエスパータイプとしては正直微妙です。なぜならエスパーはミュウツー(300)、フーディン(271)、エーフィ(261)、デオキシス(アタック414、ノーマル345)と優秀なアタッカーがひしめき合っています。複合タイプを含めるとアグノム(270)、ラティオス(268)、メタグロス(257)と攻撃種族値250超えのポケモンがずらりと並びます。エスパーポケモンでパーティーを組むならこの中から選んでいくのがベターとなるでしょう。

ということで今回のイベントはサーナイトがフェアリータイプのガチポケに、エルレイドが格闘ポケモンのガチポケになりえるかという視点でみていきます。

サーナイトはドラゴンキラー、格闘キラーとしてのフェアリーガチポケになりえる!

サーナイト(エルレイドもですが)には先日、技1に初めてのフェアリータイプの技「あまえる」が実装されました。フェアリータイプの技はドラゴン・格闘・悪タイプにこうかばつぐんを与えられます。

これにより、あまえる×マジカルシャインというフェアリー統一の技構成を組むことができるようになりました。

サーナイトの真の強さはドラゴンと格闘に対する耐性の高さ

サーナイトはエスパーとフェアリーの複合タイプなため、ドラゴンタイプと格闘タイプの技を2重耐性(0.391倍)で受けることができます。これにより、対ドラゴンポケモンのレイドバトルでパーティーの最後部に配置して全滅を防ぐ殿(しんがり)として、ジム防衛でハピナスの後ろに配置してカイリキーに対する防波堤としてなど、多彩な活躍が期待できます。願わくば対ドラゴン、格闘により有利になる新技を習得してもらいたいですね。

エルレイドは格闘タイプとして優秀だが、技が微妙

エルレイドは現状でけたぐり×インファイトという格闘タイプ統一の技構成を持っています。

しかし格闘で最強の構成といえばカイリキーでおなじみのカウンター×ばくれつパンチですよね。コミュニティデイの限定技でどちらかの技性能が向上したとしてもカイリキーの技構成を超えるのは難しいのではないでしょうか。限定技だけでなく新技の実装もあれば可能性はあるのか・・・?

しかしサーナイト、エルレイドともにデザインもかっこよく、タイプ構成もめずらしい優秀なポケモンだと思います。色違いもブルーでかっこいいので、今回のコミュニティデイは頑張りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました