えーすくルーム

えーすくルーム

うだつの上がらない30代サラリーマンの雑記ブログ。ネットを使ってお小遣い稼ぎ、資産運用……こんな僕でも本当にできるのか!?実践していきます。

【パワーポイント】見やすいフォント、色使いの設定方法

えーすくです。

 

パワーポイントの色使い、ビジュアル活用について学習しました。

今まで我流であれこれ迷いながら作業していました。しかしパワポにおいても一定の基本があり、基本に沿って忠実に作業したほうが作業時間もアウトプットの質も高まるのは間違いありません。

 

全てを習得できたわけではありませんが、今後すぐに実践したいと思ったところを共有しますので、参考になれば幸いです。

 

フォントについて

  • 見出しには太いゴシック体が効果的
  • 2行以上の長い文章には細い明朝体
  • 英文の文章には日本語フォントは使用しない

上記を守るようにしましょう。

じゃあどうするかというと、あらかじめ設定してしまうと良いです。

 

設定方法

  • 「表示」タブの「マスター表示」の「スライドマスター」をクリック
  • 「スライドマスター」タブの「背景」の「フォント」ボタンをクリックし、「フォントのカスタマイズ」を選択
  • 「新しいテーマのフォントパターンの作成」ダイアログボックスが表示される
  • 「見出しのフォント(英数字)」「本文のフォント(英数字)」のフォントをSegoe UIに変更
  • 「見出しのフォント(日本語)」「本文のフォント(日本語)」のフォントをメイリオに変更

 

f:id:esk-room:20190106140411p:plain

最後に名前欄に任意の名称を入れて保存しておけばいつでも呼び出せます。

 

明朝体の設定が入っていませんが、そもそも2行以上にわたる文章をスライドに挿入することは望ましくないので、長文を入れざるを得ない時は個別に変更するのがよいでしょう。

 

色使いについて

  • 使用する色使いを抑える。メインカラー1色、サブカラー1色程度が理想。
  • 統一感のある配色を心がける
  • 目的に合わせた色使いにする
  • トーンやマナーを意識する

上記の4点に注意し、スライド全体で統一することが重要です。

これも配色をあらかじめ設定してしまうと便利です。

 

設定方法

  • 「表示」タブの「マスター表示」の「スライドマスター」をクリック
  • 「スライドマスター」タブの「背景」の「配色」ボタンをクリックし、一覧から「色のカスタマイズ」を選択
  • 「新しい配色パターンの作成」ダイアログボックスが表示される
  • 「アクセント1」にメインカラー(例、青)を設定
  • 「アクセント2」にサブカラー(例、赤)を設定

 

f:id:esk-room:20190106142255p:plain

最後に名前欄に任意の名称を入れて保存しておけばいつでも呼び出せます。

 

あらかじめ設定しておくことで「ホーム」タブの「フォントの色」からすぐにメインカラーとサブカラー選択することができます。

 

ビジュアルを活用しよう

文字だけでなく、チャート(表やグラフ)イメージ(写真や動画、イラスト)を有効活用することで、聞き手の理解を助けたり感情に訴えたりすることができます。ブログ記事でも言えることですね。

 

全てに活用できるわけではありませんが、パワポにはSmartArtという便利なテンプレート機能がありますので、活用すると効率的に図解できます。

 

例えば当ブログの内容を「雑記」「仕事、キャリア」「資産運用」とするとします。

パワポの本文欄に書き込みます。

f:id:esk-room:20190106143154p:plain

  • これらテキストをマウスで選択して、「ホーム」タブのSmartArtに変換を選択
  • さまざまな種類の図解テンプレートがありますので、適切なものを選択

 

これらブログの内容3点は並列のものですので、今回は「横方向箇条書きリスト」を選んでみました。

f:id:esk-room:20190106144915p:plain

そうするとこのような形でパッと図が作れます。項目の内容を書き込むことができますので、例えばこんな感じで入力すれば(すみません適当に書いてますw)それなりに情報がまとまっちゃいます。

 

 

以上、これらフォント、色使い、ビジュアルについての基本を理解して業務に応用すれば、統一感のあるきれいなスライドがサクサク作れちゃうのでは?ということです。正月休みも今日で終わりですし、さっそく仕事で挑戦してみたいと思います!

 

今回はこの辺で。

ではまた。